将絢ブログ

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    「NO COMMENT」こっちのがいいかも

    拝啓

    ウィンドウズユーザーのみなさま。
    昨日発表しましたミックステープですが、
    こっちのがウィンドウズの方に優しいかと思いますので、
    こちらでお願いします。
    聞けなかった方、ごめんなさい。
    懲りずに落としてもらえたら嬉しいです。

    nocommentmini.gif

    ダウンロード

    それでは、暑い日が続きますので、みなさま水分補給はこまめにしてください。
    この作品がみなさんの心の水分補給になることを願って、筆を置かせて頂きます。

    敬具

    スポンサーサイト

    「NO COMMENT」

    とにかく形にしてみようと思い、作ってみました。
    自分の確認作業、名刺、みたいなものです。

    nocommentmini.gif

    ダウンロード

    使ったトラックは、

    1.「Explorer's Demise」Ugress
    2.「2 Reasons」Trey Songz ft. T.I.
    3.「Palace 」ASAP Rocky
    4.「I Love My Haters」Soulja Boy
    5.「Ms.Reality Star」J Banks
    6.「Big Spender」Theophilus London ft. A$AP Rocky
    7.「My Life」Slaughterhouse ft. Cee Lo Green
    8.「How To Love」Lil Wayne
    9.「 My Last」Big Sean ft. Chris Brown
    10.「Grippin On The Wood」UGK ft. Big KRIT

    良くも悪くも原曲をほぼ聞いてないので、
    その辺りのギャップも楽しんで頂ければ。

    歌詞自体はすぐ出来たんだけど、音を綺麗にするミックス作業が時間かかりました。
    それでも全然音よくないけど。
    ので、そのへんはごめんね。

    まあ、そんな10曲です。ヨロシケレバー。

    あっついですね。

    どうやら梅雨があけたらしいですね。
    あんまり雨降ってなかったようなイメージ。

    雨宿り、ってなんだか淡い恋の情景が浮かびますが、
    そんなシチュエーションに出会った事がないです。
    的な状況を楽しんだ方はどれくらいいるのでしょうか。

    僕にはうっとおしいだけの梅雨がすぎ、とびっきりナツして落ち着いた頃、
    8/24にはこんな物がリリースされるようです。

    「RE:BIRTH + CREATION」
    Various Artists: SAGGA 、 L-VOKAL 、 RAU DEF 、 サイプレス上野 、 村上水軍 、 将絢 、 ANTY the 紅乃壱 、 GOCCI 、 acharu 、 Quronn-Lab. 、 NIPPS 、 茂千代

    諸情報はこちらで http://fr.twitter.com/recreation2010

    結構前に録ったやつですが、気に入ってるのでよろしければ。
    あ、ヨロシケレバー。

    それと、次の日曜日に、僕一人で作ったフリーのダウンロード作品を発表します。
    トラックはUSの新しめなヤツをつかってます。
    ミックステープ、ていうんでしょうか、そういうヤツです。
    まあ、乞うご期待。

    てんき良かったですね。

    今日は渋谷AXでROMANCREW。

    なにしろ天気がよかったですね、日焼けシチャウ。

    短い時間でしたが、タンノー致しました。
    広いステージはいいですね、
    大して動かないわりにそう思います。

    コメント欄がわかりにくいとの声を聞きます、
    申し訳ない。
    記事のタイトルのそばにあります。

    そしてこんなにダラダラ文章を続けているのは、
    うっかりするとTwitter並の文字数になっちゃうから。

    もう大丈夫かな、それでは。

    超ライブ

    今日は超ライブでした。

    脱退発表後初のライブ。

    楽しんでほしいのが当然一番大事な部分だから、
    湿っぽくはしたくなかった、
    けど言うべき事はちゃんと言わないと、
    と思いながらライブしました。

    言葉足らずの部分はあったと思いますが、
    嘘や見栄や世間体を気にした話はしていない、はず。

    足らない部分は今後の歌詞で。

    打ち上げはガチャガチャしてて良かったです。
    生殖器のトラブルの話等、大変学術的な実りある話をしました。

    それではおやすみなさい。

    改めまして

    こちらでももう一度ご報告させて下さい。
    僕はROMANCREWを脱退し、ソロでの活動をすることになりました。

    自分がどうなりたいのか、何をしていきたいか、
    どんな事を発信し、どんな風に感じて欲しいのか、
    今までの事、これからの事、自分の事、メンバーの事、応援してくれる人達の事、
    たくさんの考える事がありましたが、最後は自分の感じた正解に従いました。

    関西での学生時代になんとなくはじめた趣味が、ライブに呼んで頂けるようになり、
    CDを出せる程になり、多くの方のご声援を励みに、ROMANCREWとして活動してきました。
    嬉しい事も楽しい事も、悲しい事も悔しい思いも全てをROMANCREWというカバンに詰め込んで背負い歩いてきました。
    その中身を忘れるつもりはありませんが、そこに甘える事なく、
    自分の両手で一つ一つの出来事を掴んでいく事が大事だと、
    そうすべき時期なんだと思っています。

    寂しい思いをする方もいるかと思います。
    決断する時には、色んな人の顔も浮かびました。
    それでも、これが答えでした。

    ん〜、、、
    何だか重苦しい文章になってしまいましたが、滅多にないことなのでご容赦くださいませ。

    いまは全員が前向きで、やる気に溢れています。
    お互いが刺激し合い、さらなる成長をお見せ出来ると思います。

    今後のそれぞれの活動に、どうぞご期待下さい。
    それではまた。

    スケジュール

    IMG_20151031_0001.jpg

    ---------------------------------------------------------

    ザ・チョンマゲ群団 公演
    『THE FAMILY 絆』

    2015年12月3日(木)〜12月6日(日)
    スクエア荏原ひらつかホール(武蔵小山)

    3日(木)     18:30
    4日(金)     18:30
    5日(土) 13:30 18:00
    6日(日) 12:00 16:30

    指定席 S席 6000円 A席 5500円
    自由席 4800円 
    *すべて公演パンフレット付き

    *親分の仇を討った事から命を狙われる羽目になった龍一、銀次、ツトム、マサル、オサムの五人は、
    かつて龍一の刑務所仲間だった吉岡組組長のもとを訪ねる。
    しかし、何とその吉岡は、今では「スウィートキャッツ」というオカマのショーパブの経営をしていた。
    しかも店のオカマ達は全員吉岡組の元組員!
    そしてママは、親分の吉岡本人!!
    あつい友情、ほろ苦い恋、義理人情…。そして、オカマ達(!?)による華麗なショー!
    そう、全てが、強い絆で結ばれた「FAMILY」だからこそ…。

    チケットのご予約 hattapro.book@gmail.com

    プロフィール

    0R7A0844_2.jpg


    岐阜県出身、5/28生まれ  エンターテイナー
    2002年にHIPHOPグループ、ROMANCREWのラッパーとして大阪で活動をスタート。
    自主制作の作品を2005年に発表。拠点を東京に移し、2006年にRHYMESTER「HEATISLAND」収録曲 “紳士同盟” にROMANCREWとして参加、武道館公演にも参加する。
    2007年に"ROMANCREW"アルバム「THE BEGINNING」、2008年に「DUCK's MARKET」発売。
    リリースライブにはRHYMESTER、KREVAも参加し、チケットは即日完売となった。
    その後、ソロとして2009年、KREVA「心臓」収録曲 “キャラメルポップコーン” に参加する。
    2010年には、ソロでのミニアルバム「offtaride」を発売し、akakage「I'm Your Clown」収録曲 “L.O.V.E.”や 、Go fes でKREVAのゲスト出演。
    そしてここから音楽以外にも活動のフィールドを広げる。
    2011年"ROMANCREW" アルバム「ロマンのテーマ」を発売、ソロ活動では、TBSラジオ「高橋芳朗HAPPYSAD」 コーナーゲストに定期出演する。
    2012年にはショートフィルム「BLOODLESS」に出演、演技にも才能を見せる。
    2012年に、表現の可能性を求めグループを脱退。
    2013年ソロでのフリーダウンロード作品「NO COMMENT」、自主制作のミニアルバム「Antree」を発表する。
    現在はよりメロディーに重点を置き、朝本浩文や、オルケスタ・デ・ラ・ルスのTAKAYA SAITO作曲によるオリジナル楽曲などでライブ等、音楽、舞台、映画等と自己表現の全ての場所を求めて今後の活動を広げている。

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。